読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

判断する力

明日は運動会・・・のはずだった。

明日はほぼ確実、雨。

これだけの情報なら、すぐに延期の判断が出せる。

しかし、あさっても怪しい。ここで難しい判断をする必要性が出てくる。

考えなければならないこと

①雨でも土曜日か日曜日のどちらかにやろうとするのであれば

◯予想される降雨時間の比較
まずは、どちらの日の降雨時間が長いのか。これは、土曜日の方が圧倒的に予想される時間が長い。一日中降っている予報。ここから判断するとしたら日曜日にやる方が現実的だ。

◯予想される雨の強さ(雨量)の比較
しかし、降雨時間だけで判断するのは甘い。たとえ土曜日に一日中雨が降る予報だとしても、それが小雨続きだとし、日曜日は短時間でも強い雨が降る予報だとする。そうなると、また判断は難しい。今回の場合、やはり日曜日の方に軍配が上がる。
しかし、土曜日の夜に大雨が降ったとしたら、日曜日はグラウンドがぐちゃぐちゃになってしまい、実施が困難になるため、土曜日の夜の天気も考えなければならない。幸い、土曜日の夜は大雨ではなさそう。

総合的に判断すれば、土曜日は中止し、日曜日にやることが望ましいようだ。



②土曜日も日曜日も中止し、再延期をすることもあるとすれば

◯平日にやるかどうかの検討
この場合、月曜日にやるか、次週に繰り下げるかの判断が必要。平日にやれば、運動会を引きづることがなくなるよさがある。しかし、保護者からすれば残念な実施になる。
土曜日に繰り下げれば、保護者に来てもらえる反面、教育課程に支障をきたすだろう。また、いつ繰替休業日をもってくるかも考えなければならない。

判断は

結局、明日の土曜日は中止し、日曜日に延期することになった。もし、日曜日も中止の場合は、次週に繰り下げるようだ。その場合の繰替休業日は22日の月曜日にするとのこと。

まとめ(?)

今日は朝から教頭先生はじめ、教務部と体育主任等で実施をどうするか検討していた。割と早い段階で判断を出してくれた。これは、子どもたちをはじめ、みんなにとってよかったと思う。

しかし、みんなにとって良い判断というのはないと思う。絶対にクレームはくる。どんな判断をしてもクレームがくる。絶対にくる。

誰にとって一番いい判断をすべきかを考えなければならない。妻の学校で「やっと土曜日に休みをとったのに、なんで延期するんだ」との匿名のクレームが来たらしい。これこそ「誰のための運動会だよ!」と言いたくなる。子どもたちが練習の成果を発揮することができたり、精一杯の演技ができるようにしたりするための判断をしたのだから「これが正解」と思っていいと思う。


今日はクラスのみんなで「てるてる坊主」を作った。だから、日曜日は大丈夫。もし、これで雨が降ったら、クラスの子どもたちのせいではないということ!


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ