読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

離任式

教育

今日は離任式。ついに退職・転出される先生とお別れ。講師の先生以外は31日までは籍があるが。


この時期に離任される先生が一番(?)大変なこと。

それは

あいさつ

ではないか?辞令をいただいた時に先生方の前であいさつをし、送別会であいさつをし、離任式の日の朝先生方の前であいさつをし、離任式で子どもたちの前であいさつをする。

あいさつだらけ!

離任式の日ともなると、もうネタもなくなる。

一生懸命話す先生には申し訳ないが、こう何度も同じ人の同じことに関しての話を聞かされると、聞いている方としても、

「もういいよ」

的な気持ちになってしまう。
それを知っているから、異動するときはこの「あいさつ」が憂鬱に感じさえする。


その時その時で、話す内容というか、話すジャンルを変えるといいんだろうな。

例えば、

辞令をいただいた時は、その時の率直な気持ち(ちょっと難しい)。


送別会では、赴任してからの先生方とのエピソードや面白話、今だから言えること等。


離任式の朝は、感謝の気持ち。


離任式での子どもたちに向けては、子どもたちとのエピソード。


など。当たり前に思っているかもしれないが、住み分けをしておくと、話の構成もしやすくなる。

  • いつ話すのか
  • どこで話すのか
  • 誰に向けて話すのか
  • どうして話すのか(目的)
  • どのくらいの時間があるのか

などについて意識しておくだけで、内容がはっきりするため、話しやすく聞きやすいあいさつ(スピーチ)になると思う。

これは、子どもたちのスピーチにもいえる。朝の会や帰りの会でのスピーチをよくやるが、スピーチの時間を設けることは手立てではない。ポイントを示すだけで、それなりのスピーチになるのではないか、とふと思った。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ