読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員生活 アイデア探索紀行

「アイデア満載!楽しさいっぱい!」の生活を求めるブログ

マスキングテープ

生活 New idea

最近、マスキングテープって流行っているのか。いろいろな所で目にする。

学級の子どもたちも、贈り物の飾りや袋を止めるテープに使ったり、図工の作品の模様付けに使ったり、パーティー係が誕生日カードに使ったりと、登場頻度が高い。このクラスだけなのかと思うと、他のクラスの子どもも使っているようだ。学年内で伝わっているのかと思うと、我が家にもあり、妻や娘も使っていた。


そうなると、巷で流行っているということか?それとも、前々からよく使われていたのか?そうだとしたらいつから?

知らぬ間に広がっていることってあるんだなぁと感じる。


マスキングテープ。結構便利な用具だ。綺麗な飾りにもなるし、貼り直しもできるし、もちろんテープの役割もできる。利用するだけでちょっとした工夫になる。

ただ、気をつけたい。何にでもマスキングテープにたよりすぎる傾向も見られる。使うだけである程度綺麗に見えるため「自分なり」「自分だけ」の工夫は見られにくくなる。今、図工でビー玉を転がす迷路づくりをしている。
マスキングテープを乱用しがちな作品がある中、自分なりの作品にすることを見失うことなく、マスキングテープを効果的に活用している子どもはセンスあるなと思う。あからさまにマスキングテープと分からずに使っている。例えば次の作品。

「どこにマスキングテープを使っているの?」と思わせるくらい控えめだが、どことなく作品を引き立ててくれている(この作品では、柱とトンネルに使っているようだ)。


とにかく、今はいろいろな便利なものが世に溢れていると思う。そういうのに気付くことも大切だなぁと思う。この「マスキングテープ」については、自分は乗り遅れた感がある。もっとアンテナを高くして過ごしていきたい。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ