読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員生活 アイデア探索紀行

「アイデア満載!楽しさいっぱい!」の生活を求めるブログ

歯の健康

生活 教育


妻が歯医者に行ってきた。
妻は毎日入念に歯磨きしたり、デンタルフロスできれいにしたりしている。それでも虫歯になってしまう。それに比べ私は少しいい加減だ。でも、あまり虫歯にはならない。それをいいことにやはり、歯磨きは適当にすませていた。虫歯にはなりやすい体質となりにくい体質があるのかもしれない。

しかし、この前詰め物が取れてしまい、治しに行った。ちょうど口内炎ができやすく、その相談をしてきた。すると、虫歯は大丈夫だが、歯肉炎が酷く歯周病が進んでいると言われた。口内炎ができやすいのも、歯周病が原因の一つとのこと。歯茎を剥いで、その中を洗浄してもらう治療をした。

虫歯だけではなく、歯周病予防も大切であると改めて思い知らされた。歯科衛生士さんの話だと、歯磨きとともに、歯間ブラシやデンタルフロスをすると、虫歯予防とともに歯周病予防にも効果があるとのこと。それ以来、妻ほどではないが、以前に比べるとしっかりと歯磨きをしているつもりだ。

私が住む県では「経口フッ素洗口」たるものを推進し、各学校で推し進めようとしている。う歯率がかなり高いということで、その対策とのこと。しかし、これがあまり評判がよくない。「安全性は大丈夫なのか?」「やったことがあるが、具合が悪くなった」等々、よろしくない意見が多い。私も反対だ。ただ、反対の理由は少し違う。

それは「そこまでの歯のケアを学校が担う必要があるのか」ということだ。学校保健の観点から、励行するのは大切であろう。しかし、何でもかんでも学校で実施しなければならないこと自体、考え直さなければならないのではないか?

経口フッ素洗口もいいが、まずは日ごろの生活習慣を見直すことが大事だ。毎日歯磨きをし、定期的に歯医者に行き、歯石をとってもらったり、検査をしたりするだけで、虫歯、歯周病予防につながるのではないか?いくら経口フッ素洗口をしても、それ以外を疎かにしたら、意味がないような気がする。もっと意識付けを図る必要があると考える。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ