読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

心の鬼


〈息子〉

明後日は節分。学校でも豆まきをする。
例によって、学年でも「心の鬼」なるものをカードに書いた。日頃の自分自身を見つめ直し、これから先の自分を見据えた自分らしい「心の鬼」を考えてほしいと思っていた。

クラスの4分の1の子どもが「忘れ鬼」と書いている。「忘れ鬼」ってありきたりでなんかつまらないなと正直思ったが「その鬼を追い出すために」をみてみると「あぁ、なるほどな」と思い直させられた。
例えば、

  • メモをとる
  • 時間割を2回確認する
  • 前の日に準備をする
  • 今できることはやってしまう
  • しっかりと頭に入れる

等々。同じ課題でも、それに対するアプローチの仕方はそれぞれなんだなと改めて思った。

他にもユニークな「鬼」として

  • 運動不足鬼
  • ゆっくり鬼
  • ネガテイブ鬼

などもあり、なかなか面白い。

「心の鬼」を退治するのは、結局自分自身の頑張りと取り組み次第かもしれないが、自分を省みるいい機会だなと感じる。子どもたちが自信をもって鬼退治できるよう、われわれは「豆」や「鬼除け」のような存在になりたいと思う。

それにしても、どの「心の鬼」をみても、耳が痛いものばかりだ。ということで、私も一緒に書いてみた。

娘の書いてきた心の鬼は「おこりんぼうおに」。

そこじゃないだろ!

だって、娘は普段怒らない。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ