読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

割合の学習

身の回りには割合で表されているものが結構多い。「○○%OFF」とか「○○%の力」とか「○割○分○厘」「○倍も増えた」等々。いろんなところで割合が使われている。でも、授業で割合について学習すると、悩ましい結果になる。「比べられる量」「もとにする量」といった言葉が、実生活で出合う数値と繋がらないんだろうなと感じる。

 

どの教科等もどの単元も、子どもたちにとって身近な課題や題材でなければ、それらに対する子どもの向き合い方は曖昧になる。また、机上のものであったり、現実とかけ離れすぎていても同様だ。子どもたちが、課題を捉え、自分のこととしながら解決に向かっていけるようにしなければならないと改めて感じた。