読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員生活 アイデア探索紀行

「アイデア満載!楽しさいっぱい!」の生活を求めるブログ

修了!

今日は卒業式。5年生は在校生代表として卒業式に出席。私は放送担当であり、放送室にこもっていたため、子どもたちの様子は分からず。それでも、6年生になる者たちとして、立派な態度で臨んでくれたのであろう。そんなこんなで今日は一日中バタバタしてお…

無くしていく子ども心

子ども心、無邪気な心を無くしていくのも成長。 昨日の出来事。昨日はワックス掛けがあった。そのため、事前に入念な水拭きをし、隅々まで綺麗にしていく必要がある。そこで、机やいす、移動できるものはすべて廊下に出し、徹底的に綺麗にしていく。しかし、…

そうじグッズ

今日は教室にワックスをかけた。それに合わせ教室内や机、椅子、ロッカーなど全面的に大掃除をした。ある程度の期間が経つと、机の上や床、棚など、あらゆる所のの汚れもだいぶしつこくなる。黒ずみが落ちなくて苦労することもある。そこで役に立つのが、次…

意欲を高めるには

先日、学力テストの結果が返ってきた。学力テストであっても、単元テストであっても、それが全てではない。全てではないが一つの指標になる。結果の一覧を見ていると気付くことがある。意欲が高い子どもはやはり結果も良い傾向がある。当たり前と思うかもし…

心に余裕があるということ

今年度は平日も休日も比較的充実した日々を送れていると思っている。では、昨年度まではどうだったか。 昨年度まで平日は、とにかく勤務が大変だった。毎日、何時に帰れるかとばかり思っていた。毎日何度時計を見たことか。少しでも早く済まそうと考えている…

今年度を一言で振り返ってみる

今年度の振り返りを一言で表してみた。なぜ一言か?自分自身のこの1年の有様を見つめられると思ったから。作文のように文章にして省みるのもよいし、必要だと思う。でも、書くことが主になってしまいがちで、書いているうちに思いが逸れていく気がする。ま…

マスキングテープ

最近、マスキングテープって流行っているのか。いろいろな所で目にする。学級の子どもたちも、贈り物の飾りや袋を止めるテープに使ったり、図工の作品の模様付けに使ったり、パーティー係が誕生日カードに使ったりと、登場頻度が高い。このクラスだけなのか…

ICT活用の壁

私の勤務する学校のICT機器 パソコン室のパソコン(タブレット併用):30台程度 持ち運び可のタブレット(キーボード無し):30台 無線LANのアクセスポイント:2台 各教室にプロジェクター、スピーカー、実物投影機、ブラウン管テレビ:1台ずつ 電子黒板:各学…

素直に嬉しい

ブログを始めて1ヶ月半。最初は自分の今年の目標としての位置付けで続けていくものであった。毎日続ける内に、少しずつ読んでくださる方も増え、アクセス数が増えると、もっと読んでもらいたいという欲も出てきた。やっぱり自分が日頃考えていることや、実…

ビブリオバトル

5年生の国語科に「すいせんします(光村)」という「話すこと・聞くこと」の単元がある。自分がよいと思う事物や人を他の人に薦めるという活動である。 この単元を進めようとした時考えるのは「どんなものやこと、ひとを推薦するのだろう」という予想である…

セロハンテープを使いたがる子ども

度々考える。 「図工でセロハンテープを使わせるか、使わせないか」 について。結局、教師の考え方次第なのかもしれないが、私個人的には、どうしても必要な時以外は使わせたくない。生活科のものづくりのときはオッケーだと思う。物を作ることが目的ではな…

作品の掲示

子どもたちの作品を掲示したい。でも、掲示する場所がない。そんな時はないだろうか?めあてや係・当番、行事予定、各種おたより等を掲示すると、30人もの作品を掲示するスペースは意外とない。そこで一工夫してみる。「タコ糸」を使って、掲示できる環境…

やっぱり目的が大事だと思う

以前、目的についての記事を書いた。最近「この活動の目的は何か」という視点を大事にしている。そうしてみると「?」なものが多い。妻も教員をやっている。特別支援の学級で6年生を担任している。その妻が納得いかない様子で話をしてきた。その内容は、 「…

記録証等の印刷の様子から思うこと

なわとび記録会が終わり、どの学年も賞状や記録証などの印刷で、プリンタが大変混み合っている。各学年120人くらいいる比較的規模の大きい学校なので一度始めるとそれなりに時間がかかる。そんな時の印刷の定番はやはり「差し込み印刷」だろう。活用して…

iMovie

今日は今年度最後の授業参観であった。 前の学校では、授業参観後の懇談会(学年懇談)の時に、それまでに撮りためていた写真をiMovieなどを使ってアルバム化(?)して子どもたちの学校生活の様子を保護者に見てもらうのが定番となっていた。これが「子ども…

小学8年生

娘が小学館の「小学1年生」を定期購読していた。今回の3月号で終了。その中の今後の紹介で、という広告が載っていた。「小学8年生」少し前にテレビで見た。「小学2年生」が今年度で休刊。昨年末に発売された2.3月合併号で最後とのこと。「小学5.6…

苦と楽は表裏一体

私はできるだけ楽をしたいと思っている。「楽をする」と聞くと、良くも悪くも聞こえる。私の考える「楽をする」というのは「ズルをする」とか「怠ける」とか「やらない」とかではない。できるだけ「効率的に」ということ。みなさんも同じように考えていると…

環境が変わって気付く大切なこと

今、平凡な毎日を過ごしている。 昨年度まで、国立大学の附属学校に勤務していた。激務を極め、毎日やっと過ごしていた。連日、日をまたぎ、忙しい時は27時退勤が続く時もあった(ここ数年はだんだん早めの退勤をするようになってきたが)。いろいろなしき…

2月の図書コーナー

2月の特設図書コーナー 2月のテーマは「日本の地理」。日本の地理的特色から見たそれぞれの文化や特産物など様々な特色を楽しんでほしいと思っている。まずは地図の本である。思っていた以上に子どもたちは都道府県のことを知らない。位置関係もあやふやで…

席替えの仕方(アイデアないかな?)

先日席替えをした。いつも席替えには、頭を悩まされる。席替えの方法はいろいろあるが、世の先生方はどうやって席替えしているのだろう? 知っている席替えの方法 教師が全て決める くじ引き(あみだくじなども)で決める 自分の席くじ引き(くじを引いて、…

ぼう人間コンテスト

ある日の帰りの会のこと。ある男子が「イラスト係からの連絡です。棒人間コンテストをやるので、ぜひ参加してください」とお知らせをしていた。棒人間コンテスト?何だそれは?という思いで聞いていた。よく話を聞いてみると、クラスの友達にオリジナルの棒…

SNS

これまで、FacebookやTwitter、LINEなどSNSには一切手を出さないと決めていた。しかし、今日ついにTwitterに手を出してみた。その理由は、 一体SNSってなんなんだ?なぜ危険だと言われているんだ? という疑問からだ。LINEによる、いじめ。Twitterのバカッタ…

教室掲示キラキラ計画

私は、絵をかいたり、見栄えの良い物を作ったりするのが苦手である。だから、季節感のある教室掲示が作れない。設計図通りに作る「製作」はできるが、自分でイメージし、オリジナルの物を作る「制作」は本当にできないのである。そのたむ、教室がなんだか寂…

ドラえもんの道具はアイデアの宝石箱

今日、子どもと一緒にドラえもんをみた。「ターザンパンツ」という道具が出てきた。例のごとく、そのパンツを履くとターザンになれる。「アーアーアー」と叫ぶと、動物が寄って来る。「アーアーアー」の言い方によって、寄って来る動物が変わる。ボーっと見…

特設図書コーナー

私はあまり本を読むのが好きではない。「本を読むことは大切です」と言われ続け(自分も言っている)、「もっと本を読まなきゃ」と思いながらも「どうしたら、本を読むのが好きになるのか」と考え続けていた。ある時「無理やり読もう」と思ったり「好きにな…