読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

環境が変わって気付く大切なこと

今、平凡な毎日を過ごしている。 昨年度まで、国立大学の附属学校に勤務していた。激務を極め、毎日やっと過ごしていた。連日、日をまたぎ、忙しい時は27時退勤が続く時もあった(ここ数年はだんだん早めの退勤をするようになってきたが)。いろいろなしき…

2月の図書コーナー

2月の特設図書コーナー 2月のテーマは「日本の地理」。日本の地理的特色から見たそれぞれの文化や特産物など様々な特色を楽しんでほしいと思っている。まずは地図の本である。思っていた以上に子どもたちは都道府県のことを知らない。位置関係もあやふやで…

イライラするな、自分よ!

連日、ある子どもを指導している。宿題をメモしないため、やってこない。そしてなんとか誤魔化そうとする。毎日繰り返される。昨日と一昨日は下級生から「嫌がらせをされる」との苦情がきて指導した。指導しながら、ピグマリオン効果という言葉がなぜか頭を…

席替えの仕方(アイデアないかな?)

先日席替えをした。いつも席替えには、頭を悩まされる。席替えの方法はいろいろあるが、世の先生方はどうやって席替えしているのだろう? 知っている席替えの方法 教師が全て決める くじ引き(あみだくじなども)で決める 自分の席くじ引き(くじを引いて、…

歯の健康

妻が歯医者に行ってきた。 妻は毎日入念に歯磨きしたり、デンタルフロスできれいにしたりしている。それでも虫歯になってしまう。それに比べ私は少しいい加減だ。でも、あまり虫歯にはならない。それをいいことにやはり、歯磨きは適当にすませていた。虫歯に…

目的は何か

2月の中旬に学力テストがある。学力テストに向けて、学習内容の定着を確認するために復習したり、プリントで練習したりする。ここで考えなければならない。それは「目的」である。 学力テストに向けた学習をする目的 学校として(学年として)偏差値を引き…

心の鬼

〈息子〉明後日は節分。学校でも豆まきをする。 例によって、学年でも「心の鬼」なるものをカードに書いた。日頃の自分自身を見つめ直し、これから先の自分を見据えた自分らしい「心の鬼」を考えてほしいと思っていた。クラスの4分の1の子どもが「忘れ鬼」…

ぼう人間コンテスト

ある日の帰りの会のこと。ある男子が「イラスト係からの連絡です。棒人間コンテストをやるので、ぜひ参加してください」とお知らせをしていた。棒人間コンテスト?何だそれは?という思いで聞いていた。よく話を聞いてみると、クラスの友達にオリジナルの棒…

怒る先生と怒れない先生、そして怒らない先生

「私、恐いから」「この前も厳しく叱りつけてやった」と話す先生がいる。一方、厳しくできず学級を荒らしてしまう先生もいる。そんな先生は、恐い先生の武勇伝を聞きながら、「もっと厳しくしなきゃだめだよ、子どもにバカにされるよ」とご指導(?)をうけ…

SNS

これまで、FacebookやTwitter、LINEなどSNSには一切手を出さないと決めていた。しかし、今日ついにTwitterに手を出してみた。その理由は、 一体SNSってなんなんだ?なぜ危険だと言われているんだ? という疑問からだ。LINEによる、いじめ。Twitterのバカッタ…

生活科の凧作りの意義は・・・

1年生の娘が生活科で作った凧を持って帰ってきた。話を聞いてみると、作って、一回凧揚げをしたとのこと。えっ?それだけ?ただそれだけのために凧作りのキットを買ったのか?そもそも生活科におけるこの学習の意義は? いくつか考えてみる。 生活科は図工…

教室掲示キラキラ計画

私は、絵をかいたり、見栄えの良い物を作ったりするのが苦手である。だから、季節感のある教室掲示が作れない。設計図通りに作る「製作」はできるが、自分でイメージし、オリジナルの物を作る「制作」は本当にできないのである。そのたむ、教室がなんだか寂…

「落し物入れ」は悪か?

学校には「落し物入れ」や「落し物置き場」がある。自分の学級にもある。毎月末にリセットし、空にしている。毎月始め、その日の内に落し物入れには必ず、何かしら入っている。つまり毎日何か一つは落し物があるということだ。月末には大量の落し物でいっぱ…

トミカ好き

息子(3才)は、トミカが大好きである。というか、車が大好きである。1才のころから、畳の縁にミニカーを綺麗に並べ、動かして遊んでいた。誕生日や、クリスマスの度にトミカグッズが増えていく。 2才、3才にして「とーばーれすとらくたー」とか「じらい…

色覚検査

日本人の場合、男性では20人に1人、女性では500人に1人が色覚異常者と言われているそうだ。20人に1人って、よく考えると結構な割合だ。以前「新幹線の運転手になりたい」と言っていた子どもが、重度の色覚異常であることが分かり、母親とともに大きなショ…

特設図書コーナー

私はあまり本を読むのが好きではない。「本を読むことは大切です」と言われ続け(自分も言っている)、「もっと本を読まなきゃ」と思いながらも「どうしたら、本を読むのが好きになるのか」と考え続けていた。ある時「無理やり読もう」と思ったり「好きにな…

パソコンが働いてくれない

職場から与えられているノートパソコンがだめだ。ネットワークの環境やセキュリティと照らし合わせると、かなり使いものにならない。 まず、OSがWindows8である。そのため、インターネットエクスプローラが「セキュリティ上危険です。」となる。大丈夫にす…

古典音楽教室

今日の音楽の時間、講師の先生をお迎えして、日本の古典音楽「雅楽」について学習した。特に「尺八」について教えていただくとともに、「春の海」をはじめ、いろいろな曲の演奏を聴かせていただいた。 〈尺八の演奏〉「G線上のアリア」も尺八で聴いたが、違…

雪の日の自転車

大雪が降った。スリップしないように慎重に運転している脇を自転車が走っている。高校生の頃は自分も平気で雪の中を自転車に乗っていたが、車の運転手は良く思っていなかったんだろうな。 車を運転するようになり、歩行者や自転車の立場とともに自動車の運転…