読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

教育

「見られたくない」らしい

今日、放課後低学年の先生から話があった。今年度の現職教育の進め方に対する反対意見だ。「全体会の時に堂々と言え!」と、先に思ったが、話しの内容が実に情けない。現職教育の全体会で、今年度の現職教育の進め方について話をした。 全体会で提案したざっ…

委員会活動説明会

今日は児童会の委員会活動説明会。各委員会が今年度の活動予定について発表した。各委員会の活動計画がまとめられた資料をもとに委員長が発表する。そして、事前に調査しておいた、質問や意見についての回答を話す。 よくありがちな流れ。 今日はとにかく暑…

就寝時刻

朝、陸上の練習をしている中、寝る時刻についての話題になった。やはり、毎年寝るのが遅い子どもがいるなと感じる。これまで関わってきた子どもたちを思い返してみると、布団に入る時刻が遅いのは女子の方が多い気がする。今日も、 「12時半です」 と平気…

欠席した時、話題になる子ならない子

欠席した子がいると、 「◯◯君はどうして休みなんですか?」 とか、 「◯◯ちゃん、今日は休みなんですか?」 とか、 「◯◯君、熱で休みですよ」 などと、質問してきたり、聞いてもいないのに欠席の理由を教えにきたりする。でも、よく話を聞いていると、そのよ…

子どものモチベーション

6月頭の陸上大会に向けて、特設陸上部として本格的に動き出した。今週末に選手報告。そのために、選手を募り、選考し、登録する作業をしている。応募が多い種目とそうでない種目があり、男子では「ジャベリックボール投げ」が人数過多で選考をすることにな…

「運動会の朝」に思う

運動会の朝は早〜くに出勤する先生が多い。実施判断する管理職や体育主任はもちろん、男の先生や若い先生は早くに出勤する傾向がある。もちろん、勤務時間外なので強制はできないし、早く出勤しなくても悪い訳ではない。私は早〜くに出勤した。それは、自分…

明日から

これまで仕事において、物理的にも精神的にもほぼ全体を覆っていた運動会が終わった。運動会とはいったもののなぜかほぼ鼓笛。子どもたちの活躍が見られたとはいえ、異常なくらい負担を感じていた。体育はもちろん運動会について。その中でも半分以上の時数…

判断する力②

今日は運動会。グラウンド状況は悪くなく、むしろ湿り気があり、怪我しづらいようないい環境であった。しかし、朝から小雨が降り続く。霧雨になったかと思うとまた小雨。ただ、ビジャビジャにならないくらいの雨で、実施は可能。朝に念のための「繰り下げバ…

雨が止まない

一日中雨。まだ止まない。そして明日は運動会。グラウンドは?水はけが良い学校だが、夜中降ったとしたら、グラウンドはぐちゃぐちゃ。さぁどうなるか?とりあえず、明日は早朝出勤。早めに布団に入るとするか。みんなで作ったてるてる坊主、思いが届きます…

判断する力

明日は運動会・・・のはずだった。明日はほぼ確実、雨。これだけの情報なら、すぐに延期の判断が出せる。しかし、あさっても怪しい。ここで難しい判断をする必要性が出てくる。 考えなければならないこと ①雨でも土曜日か日曜日のどちらかにやろうとするので…

歴史にドキリ

面白い。中村獅童が「卑弥呼」や「聖徳太子」などの歴史上の人物に扮し、その時代の出来事などについて、コミカルかつ分かりやすく演じている。今日は「中大兄皇子」について見た。今回で4回目(4話目)。一通り学習してから視聴することで、理解も深まる…

Prezi next?

3年くらい前に、校内の研修会(授業ではない)でちょっとだけ使ったことがある「Prezi」。 ふいに思い出して(頭の隅にいつもあったのだが)、何かに使えないかと今一度触ってみることにした。すると、いつの間にか(といってもごく最近のようだが)「Prezi…

できていないのは・・・

今日から運動会の全体練習が続く。今日は、全校種目について。詳しい種目の内容については割愛するが、練習中、「もっと間隔をあけて歩くぅーっ!」 「早く、ここで立つぅーっ!」 「◯組違うぅーっ!」といった教師の叫び声が飛び交う。1回目通してみた後、…

いよいよ最終日

休みの日はあっという間に過ぎ行く。今日も気付けばもうこんな時間。明日からの怒涛の1週間を思うと、心が重くなる。運動会を週末に控えた今週。運動会から離れられたこのゴールデンウイークは心地よかった。しかし、また運動会のための日々に逆戻り。こん…

GW中の宿題

火曜日、娘が大量の宿題をもって帰ってきた。ゴールデンウイークの休みの分。休みが5日間あるため、いつもの5倍、と思いきや、いつもの5倍以上。しかも、普通の土日はいつも作文しかないのに、今回土日を含んだ連休にもかかわらず平日の宿題の量より多い…

お楽しみ会2

今日は、お楽しみ係企画・主催のお楽しみ会「6年生始まりの会」が開かれた。前々からやりたいと言われていたが、忙しくてできず、ようやく時間をとることができた。これまでのお楽しみ会といえば、私の中でどこかマンネリ感を抱いていた。まぁ、子どもたち…

選ばれる(認められる)ってすごいこと

私は陸上部の主任をやっている。決して陸上が専門ではない。教え方もイマイチよくわかっていないところもある。やる人がいないからか、昨年からやっている。教務主任の先生が実は陸上の専門家で、市内でもかなり上の指導者である。噂では市内1番の指導力と…

アイデア・・・

市の研究委員に委嘱され、定期的に学力向上や学級経営についてのアイデアをシートにまとめなければならない。初任者の先生を主な対象とし、ヒントになるようなものを提供してほしいということで、そんなに難しくなく日頃の実戦で得てきたものでよいとのこと。…

家庭学習の様子から考えたこと

家庭学習の内容に大きな差が見られる。 学年として合わせて、自主学習という名の宿題を出している。 子どもたちがやってくる学習の中身から考えられる、子どもたちの家庭学習、取り分け「自主学習」に対する思いを考えてみる。 考えられる子どもの思い ①自分…

委員会活動

毎週月曜日の放課後に委員会活動の時間が位置付けられている。原則として月曜日の放課後に位置付けられているため、その時に活動がない委員会も集まることになっている。その理由は「活動する委員会とない委員会があるのは不公平だから」とのこと。「?」で…

息子の幼稚園事情

今日は、息子の初めての保育参観。といっても、親と一緒に活動するということらしい。私も参加したかったが、娘が「行きたくない」というので、私は娘と留守番をすることに。 入園式後の初日こそ泣いた息子だが、幼稚園に行っても怖いことがないことが分かる…

古墳見学で感じたこと

今日は近場にある古墳を見学してきた。史跡公園となっているところで、遊び場もあるため、休日に家族で遊びに行ったことがある子どもが多かった。私も何度も訪れたことがある。しかし、訪れたことがある子が多いのに「古墳」について知っていた子どもはほと…

発達障害の疑いのある子

教師は診断してはいけない。だから「あの子は発達障害だ(と思う)」といったことを言ってはいけない。しかし「もしかしたら発達障害なのではないかな」と思ってしまうことはある。どうしても思ってしまう時がある。 私が担任するクラスではないが、学年に「…

何のための学校探検?

2年生の娘が1年生をつれて、今日学校探検をしたらしい。前から「4月18日にやる」といっていた娘の話に、そもそも疑問をもっており、それこそ前から私は「本当にその日なの?やらないと思うよ」などといって、娘を疑っていた。だってこの日は『全国学力・…

全国学力・学習状況調査

今日は、全国学力・学習状況調査の日。やはり子どもたちにとって、難しいテストだったようだ。 ここで気になったのが、試合放棄(無答提出)してしまう子どもだ。そんな子どもがいる。答えが分からないのもあるが「分からないことに直面したとき、自分がどう…

授業参観

今日は今年度初の授業参観。いつもと変わったことはあまりしたくないが、自分の中でも「見られる」という意識をもつために「いつものプラスワン」くらいの授業を考えた。といっても、いつもより資料を多くしたくらいのものだが(それでも社会科をやったため…

新しいコーナー「みんなの声」

今年度の教室にはたくさんの掲示板がある。何を掲示しようか迷う。だが、今年度は「掲示係」ができた(あくまでも「係」であり、「当番」ではないため仕事ではなく、子どもたちの自主性のもと、創意工夫を凝らして活動を行う)。昨年度は「掲示係」がなかっ…

優先順位・・・・・全部1位

とにかく忙しい。◯運動会の組み分け・リレーの選手決め →12日まで(13日報告)◯1年生を迎える会の準備完了 →今週中(本番は17日)◯教室掲示(めあてや係などのカード) →13日まで(14日授業参観)これだけでも、子どもたちがいないと進められない。同時多発…

幼稚園と小学校の差

息子の本格的な通園が月曜日から始まる。入園式後に、連絡ノートや出席シール帳などが渡り、帰ってから名前や連絡先などの記入をした。この、連絡ノートや出席シール帳をペラペラとめくっていると、連絡ノートには、担任の先生からのメッセージが書いてある…

入園式

今日は息子の幼稚園の入園式だった。息子はこれまで、平日は祖母と一緒に過ごしており、家族、親戚以外の人たちと生活したことがない。去年から数回幼稚園の行事(お祭りや1日入園など)に顔を出し、慣れさせてきたはずだったのだが、だんだん、自分だけで幼…

第1学期開始

ついに始まった。今年度は持ち上がり。学年スタッフも変わらず、そのままの体制で出発した。子どもたちは学年末から「また先生が担任なんですよね?」と、私が持ち上がることを当たり前のように考えていたようで、それが何だかつまらない。そこで、学年の先…

ブログ名変更

新年度に合わせ、ブログ名を変更した。当初は、楽しいアイデアを探し出したいと思い、普段の生活から見いだした新しいアイデアについて書き記していこうと思っていた。しかし、そんなに毎日のように新しいアイデアが生まれるはずもなく。。。考えが甘かった…

前評判

今日から新年度。顔ぶれも新しくなり、さっそく新学年が動き出した。転出・退職された先生方が多かったため、転入される先生方も多い。こういうことはあまりいいたくないが、新しく来られる先生方についての前評判が話題にあがることがよくある。一緒に働く…

猿山に見る猿の社会

春休み最後の休日。家族で動物園に行ってきた。見応えがあったのは猿山。猿山と言っても、その猿山を高いところから見下ろす。猿山の猿に餌をあげることができた。何かの塊になっている餌が5個ぐらいで百円で売っている。その餌を猿山に投げ入れる。そうす…

空回り

いよいよ今日から新年度。 来年度に向けて、いろいろとビジョン(というほど大げさなものでもないが)が出てきた。比較的時間があるため「こんなこともしたい」「これも面白そう」といったアイデアが少しずつ浮かんでくる。だが、まだまだぼんやりとしたもの…

同期の仲間

今日は、前の学校に同期で採用された先生方との「同期会」。前の学校に一緒に採用されたのは私を合わせて4人。その中の2人はまだ、前の学校で活躍をされている。そんな2人は4月から学校でも重要ポジションに就くようだ。普通の学校での同じようなポジシ…

新教室

今日は新年度に向けて、旧学級で使っていた荷物を、新学級に運び入れた。子どもたちに担任だとバレないように、棚に隠したり、机に隠したりしたため、最終的な整理整頓は始業式後になる。 今までの学校は、教室の造りがどの教室も同じであった(普通はそれが…

離任式

今日は離任式。ついに退職・転出される先生とお別れ。講師の先生以外は31日までは籍があるが。 この時期に離任される先生が一番(?)大変なこと。それはあいさつではないか?辞令をいただいた時に先生方の前であいさつをし、送別会であいさつをし、離任式の…

送別会

昨日は送別会だった。辞令が交付された日の送別会も大変だった。特に職員クラブの当番だったため、学年末の業務と並行して進めてきた。講師の先生は特に一昨日まで誰が残るのか転出されるのか。はたまた退職されるのかがはっきりしなかったため最大人数で進…

教員間の風通し

今日は年末の人事異動に伴う辞令の交付があり、ご退職される先生、転出される先生が明らかにされた。校長先生からの紹介があって「この時期がやってきたんだなとようやく実感する。 振り返ると、この1年間、あまり先生方とのかかわりがなかったなと思う。1…

修了!

今日は卒業式。5年生は在校生代表として卒業式に出席。私は放送担当であり、放送室にこもっていたため、子どもたちの様子は分からず。それでも、6年生になる者たちとして、立派な態度で臨んでくれたのであろう。そんなこんなで今日は一日中バタバタしてお…

お楽しみ会

最後の週。といっても後、2日。そのうち1日は卒業式。なので実質、明日1日で今年度のほとんどが終了となる。 今日は、パーティー係主催のお楽しみ会(5年生終わりの会)を開いた。やる内容は、1学期末のお楽しみ会、ハロウィンパーティー、2学期末のク…

意欲を高めるには

先日、学力テストの結果が返ってきた。学力テストであっても、単元テストであっても、それが全てではない。全てではないが一つの指標になる。結果の一覧を見ていると気付くことがある。意欲が高い子どもはやはり結果も良い傾向がある。当たり前と思うかもし…

誰のための卒業式?

今日は卒業式の予行があった。あと1週間程で今年度も終了。早かった。卒業式。子どもたちは約1200日間、一生懸命学び、悩み、遊び、動き、成長してきた。その締めくくり。子どもたちはこの卒業式で卒業証書をいただくために頑張ってきたともいえると思う。 …

嫌な自分を感じる時

自分自身の行動がすごく嫌に思う時がある。一言でいうと、人を見て態度や行動を変えている自分である。 学年末の今、通知表の作成に追われている。保護者向けの通信文(所見)を書くのだが、学年の先生方同士で見合って「直し」を入れ合っている。今、その時…

ネガテイブ思考の子ども

何かあると、マイナスな考えの発言になる子どもがいる。今日はエプロンが仕上がらないと「順番待ちばかりでミシンが使えない」と話す。「積極的にミシンをやる友達が悪い」といいたいようだ。でも、この子どもを見ていると、自分で準備を始めるわけではなく…

今年度を一言で振り返ってみる

今年度の振り返りを一言で表してみた。なぜ一言か?自分自身のこの1年の有様を見つめられると思ったから。作文のように文章にして省みるのもよいし、必要だと思う。でも、書くことが主になってしまいがちで、書いているうちに思いが逸れていく気がする。ま…

ビブリオバトル vol.2

以前「ビブリオバトル」の記事を書いた。遅ればせながらその結果を示し、少し考察(大げさ)したい。 クラスのチャンプ本は「ジュニア 空想科学読本⑨」ジュニア空想科学読本9 (角川つばさ文庫)作者: 柳田理科雄,きっか出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2016…

一人前の教師

今日は、息子の幼稚園の1日体験入園だった。ついに4月から幼稚園児。月日が経つのは本当に早い。仕事が忙しく、3歳になるまで息子の成長を間近にそして身近に感じることができなかった。まだ産まれた時のイメージが残る息子がもう幼稚園に通うのかと思う…

ICT活用の壁

私の勤務する学校のICT機器 パソコン室のパソコン(タブレット併用):30台程度 持ち運び可のタブレット(キーボード無し):30台 無線LANのアクセスポイント:2台 各教室にプロジェクター、スピーカー、実物投影機、ブラウン管テレビ:1台ずつ 電子黒板:各学…