読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員生活 アイデア探索紀行

「アイデア満載!楽しさいっぱい!」の生活を求めるブログ

嫌な自分を感じる時

教育 仕事

自分自身の行動がすごく嫌に思う時がある。

一言でいうと、人を見て態度や行動を変えている自分である。


学年末の今、通知表の作成に追われている。保護者向けの通信文(所見)を書くのだが、学年の先生方同士で見合って「直し」を入れ合っている。今、その時の自分が嫌なのである。

主任の先生と初任の先生の文章を見る際、違う見方(というより直し)をしてしまっているのだ。確かに文章の上手い下手はあるのだが、主任の文章に対しては、明らかに甘い見方をしている気がする。年上の先生で自分より経験もあるからという思いもある。一方、初任の先生の文章に対しては厳しく見ていると思う。初任の先生は、これから先が長いし、多くを吸収してほしい、勉強してほしいと思って朱を入れているというのは確かだ。でも、主任には朱を入れづらく、初任の先生には入れやすいというのも事実。

主任には「厳しく見てね」と言われるが、なかなかそうもいかない自分がいる。これは、授業案の時も同じ。誤字脱字の直しばかりで、文章のつながりやズレなどはスルーしてしまいがちだ。前任校では、年上だろうが年下だろうが、年数が上だろうが下だろうが、気付いたら朱を入れてたのに、今では、尻込んでしまう。学校や職場の雰囲気ぐ変わると、自分の在り方もこうも変わってしまうのかと思うと、なんだか情けない。


こんなことを考えたきっかけは、初任の先生のを見ている時。

意地悪な私は、初任の先生の所見を見る際、こんなことを聞く。

「誤字脱字だけにする?じっくりにする?」

と。私はお便りでも通知表でも授業案でも、公的なものは結構細かく気にしてしまうので、いつも朱だらけにしてしまう(このブログもちゃんと見直せと思うが)。なので初任の先生は、本当は誤字脱字だけにしてほしそうな雰囲気を醸し出しつつ迷っていたが、ここで主任の

「じっくり見てもらいな」

という一撃。あえなくじっくり見ることになり、直し始める。直しながら「初任の先生はどう感じているのだろう」と思ってしまった。そこで嫌な自分に気づくのである。

ただし、自分としては、最低限の礼儀として、主任であろうと初任であろうと、直す時は対案を考えて、載せておくようにしている。その案を使うか使わないかの判断はすべて任せるようにしている。

気がつくと、経験を積む(年数が上がるだけでも)と、指摘されなくなってくるのも事実。この狭間で、中堅の自分は信念をもって動かないといけないのだろうな。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

お出かけ

生活 子どもの見取り

今日は家族で新潟の「マリンピア日本海」に行ってきた。新しくなってからは行ったことがなく、何年振りかのマリンピア。息子は初めて。娘はどうだったかなぁ。。。


普通の日曜日はそんなに混んでもいず、ちょうどよい混みようだった。また天気もよくて寒くなく、お出かけ日和だった。


イルカショーやタッチ水槽など、一通り見たり体験したりと楽しめた。3才の息子もようやく楽しめる年頃になった。


そんな中見つけたキッズスペース。一度遊びだすと、そこが一番楽しいらしい。お昼前に遊び、お昼を食べても遊びと、なかなか終わらない。

やはり子どもにとっては、魚を見るというより、体を動かして遊ぶ方が楽しいんだろうなぁ。

まあ、今までの水族館では「暗い」とか「早く帰ろう」などと、ゆっくり見ていられなかったから、少し成長したのかな。

帰りの車では息子はお休みタイム。娘はこれから作文の宿題だ!

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

何のためのメダル?

生活

今日は家族でゲームセンターに行ってみた(震災の日なのに)。メダルゲームがやりたいということで、1000円分のメダルを買い、娘と息子で半分こに分けた。メダル落としタイプはまだ難しいため、単純でくだらないゲームを楽しむ。

おたから探検隊

http://www.am-j.co.jp/newmachine/200410/010.html

思いの外長い時間楽しめるゲームであった。

特に娘は要領を得たようで楽しんでいたようだ。一方、息子にはまだ難しいようで、私にやらせ、落ちてきたメダルを拾うことで満足していた。

しかし、メダルが少なくなってきたのに気付いた息子は急にメダルの入ったバケツ(?)を取り上げ、やめてしまう。どうしたのか息子に聞くと、

「お金(メダルのこと)がなくなっちゃうからもう終わり」

という。「メダルは持って帰れないから使わないとダメなんだよ」と言っても聞かない。挙げ句の果てに

「またいっぱい、お金を買ってきてね」

などと、あけすけなことを言いだす。

ゲームに使わないメダル、意味がない!思い返せば、娘も小さい時に同じことを言っていたなと思い出す。やはりきょうだいか、この貧乏性。いや、親譲り?

とりあえずごまかして、メダルを機械に預けて帰ってきた次第である。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

震災から6年

生活

あの大地震から6年。やはりあの日を思い出す。

6年生担任で体育館にいた。幸い体育館だったので、比較的安全な場所であったが、かなりの揺れを感じた。体育館の天井に上がっていたボールやバドミントンの羽など、いろいろなものが落ちてきた。子ども達を校庭に避難させ、子ども達のコート類を取りに校舎にもどる。学校の中はめちゃくちゃ。とにかく、子ども達のコートをとり、校庭にもどる。落ち着いた頃、体育館へ避難。しかし、雪が邪魔をし、外からなかなか入れない。揺れのためか、ドアも動きにくくなっている。なんとか体育館の中に入り、保護者へ連絡。

子どもを保護者に引き渡し、私が家に着いたのは9時ごろ。

家の中のものは大抵が無事だった。家族も無事だった。買ったばかりのテレビが落ち、傷がついたくらい。

水が出ないが、電気は大丈夫だった。しかし、この水が出ないのが大変だった。1週間以上水が出なかった。

そこで、職場にポリタンク(店を何件も回ってようやく手にした)をもっていき、水をもらうようにした。(本当はこういうことはいけないのだろうが、その時はそうするしかなかった。)その時担任した子どもの保護者の方からもご好意で水を始め、お米や食料をいただいた。本当に助かった。水を沸かし、それで体を流す。そんな日が何日続いたか。

しかし、水の調達も限界がくる。家から職場まで約1時間。距離にして約40キロメートル。ガソリンがつき、勤務することができなくなった。スタンドに並ぶこと5時間。それでも手に入れることができないことも多かった。

お店も閉まっている。臨時で開くスーパーには長蛇の列。何とか食べつないできた。その頃の記憶は必死だったのでどうやって生活してきたのか曖昧だ。とにかく、水とガソリンを求めたことは鮮明な記憶。それと原発。。。


今のクラスの子どもは記憶にあるようだが、断片的。当時1才だった娘は当然記憶はない。

今は、街も復興し、とりあえず不自由ない生活をしている。子ども達にとって、震災が身近ではない世代になってくるのだろう。しかし、街の中には仮説住宅がまだまだ立ち並んでいる。本当の復興はまだまだ遠い。

少しずつ少しずつ遠くなっていく震災の記憶。実際に経験した者達が語りつないでいかなければならないのだと思う。そうすることで自分たちもこの経験を忘れず、後世に伝えていけるのだろう。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

ネガテイブ思考の子ども

子どもの見取り 教育

何かあると、マイナスな考えの発言になる子どもがいる。

今日はエプロンが仕上がらないと「順番待ちばかりでミシンが使えない」と話す。「積極的にミシンをやる友達が悪い」といいたいようだ。でも、この子どもを見ていると、自分で準備を始めるわけではなく、友達が準備を始めたものに自分が混ざっていくのだ。自分から何をするわけでもないのに、自分ができないと周りのせいにしてしまう。


以前は、夏休みや冬休みの課題一覧に書いていないことを友達がやってくると「課題に書いてあればやったのに。ズルいと思ってしまいます。」という。「自主的に課題をやる友達が悪い」「それを示さない先生が悪い」と言わんばかりだ。


テストの点数が悪いと「休んだから分からなかった」と言い、休んだ自分が悪いのではなく、休んだ時のことが出るのが悪いと言っているように聞こえる。


同じ委員会の仕事を忘れる友達がいると「〇〇君がすぐ忘れる」といいにくるが、自分は他の当番の仕事をすぐ忘れる。



とにかく、周りに厳しく、自分には超甘い。というより、自分自身を客観視することができないのだろうなと改めて思う。自分から動き出す経験が少なく、周りの大人や友達が敷いてくれたレールを当然のように歩くことを繰り返したことで、それが当然になったのかと思う。この子にとって、周りがそれをしてくれることが当たり前であり、してくれないと悪いこととして認識するようになってしまったのだろう。


それが続き、今では自分にとって「苦手なもの」や「嫌いなこと」「できないこと」はすべて「悪」になっている。苦手な持久走の時期は定期的に体調不良を起こし欠席を繰り返した。嫌いな給食はこっそり減らす。


ネガテイブ思考が積み重なっている。自分自身を肯定化しているようで、実は自分自身の在り方を一番否定してしまっているのだ。そんな子どもを私もネガテイブに見てしまっているのだろうな。


逆に勉強や運動が苦手でもポジティブに考えられる子どもに対しては、こちらもポジティブに捉える傾向がある。
ネガテイブは本当にネガテイブを循環させてしまう。

以前に「ピグマリオン効果」と「ゴーレム効果」に関する記事を書いたが、

「ネガテイブ」や「ポジティブ」も同じように、子どもの成長に影響していくのだろうなと思う。しかし、どうしても、先述の子どもを肯定的に捉えることができない。どうしたもんか。。。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

今年度を一言で振り返ってみる

子どもの見取り 教育 New idea

今年度の振り返りを一言で表してみた。

なぜ一言か?自分自身のこの1年の有様を見つめられると思ったから。作文のように文章にして省みるのもよいし、必要だと思う。でも、書くことが主になってしまいがちで、書いているうちに思いが逸れていく気がする。また、どうしても課題面ばかりに目が行きがちになる。

でも、一言でとなると、本当によく考えて自分自身を振り返る。4月からの自分を振り返ることで、これまでの成長にも気付きやすい。


クラスで実践してみた。一人一人の一言がとても良いし、面白い。

ある子どもは、

「三歩進んで二歩下がる」

「少しずつだが、成長しているから」とのこと。


ある子どもは、

「元気」

「この1年間、健康に楽しく過ごせたから」とのこと。


またある子どもは、

「伸びる」

「背も伸びたし、他にもいろいろな面で伸びたから」だという。


本当に面白い。それぞれが自分自身を見つめることは大切だ。それが良い面を見つめるのであれば尚良しだと思う。実際に良い面ばかりが表されている。


私の今年度は

「New Idea」

授業を中心に、今までにない新たな発想をもってやってきた。これまでの方法をガラッと変えたり、または生かしたりしつつも一から指導を見直してきた。そうすることで、自分の可能性にも気付くことができたと思っている。

目標と反省。今年度は意識することで一貫して取り組むことができたと思う。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

マスキングテープ

生活 New idea

最近、マスキングテープって流行っているのか。いろいろな所で目にする。

学級の子どもたちも、贈り物の飾りや袋を止めるテープに使ったり、図工の作品の模様付けに使ったり、パーティー係が誕生日カードに使ったりと、登場頻度が高い。このクラスだけなのかと思うと、他のクラスの子どもも使っているようだ。学年内で伝わっているのかと思うと、我が家にもあり、妻や娘も使っていた。


そうなると、巷で流行っているということか?それとも、前々からよく使われていたのか?そうだとしたらいつから?

知らぬ間に広がっていることってあるんだなぁと感じる。


マスキングテープ。結構便利な用具だ。綺麗な飾りにもなるし、貼り直しもできるし、もちろんテープの役割もできる。利用するだけでちょっとした工夫になる。

ただ、気をつけたい。何にでもマスキングテープにたよりすぎる傾向も見られる。使うだけである程度綺麗に見えるため「自分なり」「自分だけ」の工夫は見られにくくなる。今、図工でビー玉を転がす迷路づくりをしている。
マスキングテープを乱用しがちな作品がある中、自分なりの作品にすることを見失うことなく、マスキングテープを効果的に活用している子どもはセンスあるなと思う。あからさまにマスキングテープと分からずに使っている。例えば次の作品。

「どこにマスキングテープを使っているの?」と思わせるくらい控えめだが、どことなく作品を引き立ててくれている(この作品では、柱とトンネルに使っているようだ)。


とにかく、今はいろいろな便利なものが世に溢れていると思う。そういうのに気付くことも大切だなぁと思う。この「マスキングテープ」については、自分は乗り遅れた感がある。もっとアンテナを高くして過ごしていきたい。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ