読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員生活 アイデア探索紀行

「アイデア満載!楽しさいっぱい!」の生活を求めるブログ

修了!

教育 子どもの見取り New idea

今日は卒業式。5年生は在校生代表として卒業式に出席。私は放送担当であり、放送室にこもっていたため、子どもたちの様子は分からず。それでも、6年生になる者たちとして、立派な態度で臨んでくれたのであろう。

そんなこんなで今日は一日中バタバタしており、気の利いた言葉をかけてあげることができなかった。昨日、ある程度話をしておいて良かった。
1年間の話をしたあと、パーティー係の子どもが、
「先生、前にお願いします」
と言い出す。前に出てみると、子どもたち一人一人から1年間お礼ということで、手紙や贈り物をくれた。子どもたちが内緒で何かを考えている時は、大抵の場合気付いていたが、これは全く気付かなかった。自分の上をいった瞬間であった。

私としては、お礼や贈り物をもらうようなことはしていない。だってそれが仕事だから。でも、子どもたちの思いは素直に嬉しい。

「他のクラスではやらない楽しいことをいっぱいしてくれた」
「6年生でもよろしくお願いします」
「予想外のことばかりやってくれて楽しかったです」

など、担任として嬉しい限りの言葉たち。それだけで自分の中での「有終の美」を飾ることができたと思っている。

また、次のような言葉。

「仲間はずれのないクラスにしてくれてありがとうございました」
「みんな仲良しで最高のクラスです」
「たくさん友達が増えました」

これは、私のおかげではない。この子どもたちのもっている「よさ」である。この子どもたちだからこそ、私も楽しいことがたくさんできたし、何より子どもたちを信用して好きなことをしたし、させてあげられたと思っている。だから、私のおかげは全くないのだ。


とにかく「楽しい」といってくれる子どもがこんなにたくさんいたのは、今まで以上の私の成長。来年に向けてまた一歩ずつ進んでいこう。

そして、

「こちらこそありがとうございました」

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

現状復帰

仕事 子どもの見取り

明日は卒業式。5年生は在校生代表として参加する。ということで、明日は通知表やお便り等を渡すくらいしかできない。

そこで、今日は最後の掃除をした。テーマは「現状復帰」。いつでも今の4年生にわたせるようにと、自分で判断してやるべきところを探して隅々まできれいにすることにした。


先週までに、ある程度きれいにしておいたため、そんなに時間はいらないだろうと思っていたが、いざ始めると、やるべきところは山ほどあり、結局1時間では足りないくらいであった。


どの子どもも一生懸命きれいにしていた。ゴミ箱の汚れや棚の裏まで少しの汚れも残さないように頑張っていた。
終わった後ある子どもの一言。
「超きれいになったけど、この教室、私たちじゃなくて、来年の5年生が使うんだよね・・・」
嫌なことに気付いてしまった(思い出してしまった?)子どもたち。
「(きれいにしたものを)6年生の教室(自分たちが使う予定の)にもっていこう」
と冗談半分に話し始めた。

そのくらい、自分たちでもきれいになったと感じたんだと思う。


あとは、私のものばかり。さてどうしたものか。。。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

お楽しみ会

教育 仕事 子どもの見取り

最後の週。といっても後、2日。そのうち1日は卒業式。なので実質、明日1日で今年度のほとんどが終了となる。


今日は、パーティー係主催のお楽しみ会(5年生終わりの会)を開いた。やる内容は、1学期末のお楽しみ会、ハロウィンパーティー、2学期末のクリスマスパーティー等の時にやったものと大して変わらないものばかり。「なんでもバスケット」「爆弾ゲーム」「震源地」などなど。本当に「この子どもたちらしい」と思うと同時に、もう少し、違うことというか、視点を変えるというか、レベルアップというか、うまく言えないが違うパターンの内容があってもいいのでは、とも思ってしまう。

子どもたちは、前年度までの経験を基に内容を計画する。これまでやってきたことをベースに工夫したり、何かを付け加えたりしている。だから、大きな変化を見せるはずがない。
つまり、何もないところから生み出すということはありえないのである。


私は、この子どもたちより豊富なお楽しみ会の経験がある。子どもたちも違えば学年も多様だ。なので「劇」や「手品」「お笑い」「伝言ゲーム」などなど、いろいろな出し物(?)を見てきた。

これらが良いわけではないが、今の子どもたちにはこれらの発想は生まれない。素直な子どもたちだから、紹介したとしたら、すぐに流されてしまうだろう。それは嫌だ。だって今でもたくさん話し合って、準備して決めているから。何より楽しそうにやっているから。


それでも、今の子どもたちならではの企画もあった。パーティー係と表彰係が連携してクラスのみんな(私も含めて)の1年間の頑張りを讃えて、メダルを贈っていた。これも面白い。今までになかったことだ。


まあ、何はともあれ、子どもたちが企画し、準備し、開催し、そして子どもたちが楽しめればそれでいい。その時その時の「子どもたちだからこそ」が見られることが大切なんだろう。


さて、来年度はこの子どもたちをまた担任できるのだろうか?はたまた、違う学年。ドキドキの日々が続く。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

春の陽気vol.2

生活

今日は「春分」。暦の上では春も半分が過ぎようとしている。今日はそんな春分らしいとっても過ごしやすい一日であった。

午前中は片付けの続きをし、午後は近所にある小規模の遊園地に行ってきた。去年はゴーカートぐらいしか乗れなかった臆病な息子も、今日は「サイクルモノレール」たるものに乗りたいといい、一緒に乗ってきた。

〈写真は妻と娘〉

ようやく乗り物に乗れるようになってきたのか。
それにしても、超臆病な娘と息子。ジェットコースターはもちろん、少し揺れるような乗り物は乗らない。この性格はどうやって決まるのだろう。同じくらいの年齢でも喜んで乗っている子どももいるのに。。。


家族で観覧車にも乗った。上から見える娘の学校。いつもとは違う視点から見る風景も面白い。

せっかく出かけるのだから、何か発見したいなと思う今日この頃。



発見といえば、トイレに入った時の出来事。最近はトイレの後、水を流さない子どもが多いのかと思った。

どういうことか。

トイレに入った時、3人の小学生が用をたしていた。この遊園地は割と古いため、トイレの後は自分で押して水を流すタイプのトイレである。その小学生は3人とも水を流さずに出ていくのだ。なぜかと考えると、今のトイレ事情にあると思う。


最近のトイレはセンサータイプのトイレが多く、ボタンを押さずとも水が流れるため、自分で流さなくてもいいからなんだろうと思う。学校も少しずつだが、センサータイプのトイレが増えてきているように感じる。

和式のトイレが使えない子も多くなったが、水を流すことも分からない子どもも増えるんだろうと思うと、トイレ指導の在り方も見直さなければならなくなるのだろうな。


話はそれたが、ポカポカ陽気の春。ようやく外で遊べる季節がやってきた。市内には新しい公園もできている。春休みは公園めぐりもいいかもしれない。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

部屋の整とん

仕事 生活

新居を構えもうすぐ7年。アパートから越してきた時、自分たちの仕事道具の山を、まだまだ使わないだろうと子ども部屋に置きっぱなしにしていた。

最初は、少しずつ片付けるはずであったが、こういうことは計画をたて動き出さないと、まず実現しないものだ。ということで、早6年がすぎた。

今年の始めの目標に「子ども部屋の整とん」を掲げていたが、未だ動かず。そしてついに今日動き出した。

いつか見るだろうと思っていたもの、いつか使うだろうと思っていたものであったが、結果的に9割以上一度も手にしなかった。

久しぶりに見てみても、今後も見るとは思えないものばかり。なんせ古い!それにレベルも高いとは言えないため参考にならない。よって取っておいても仕方がないと自分に言い聞かせて、処分することに。


「不易と流行」とはいったものだが、とっておいたものは「不易」なものとはいえない。だって不易なものはいつまでも置きっぱなしになどしないから。その時その時のタイムリーなことに目を向けていくことが大切。

だからこそ、定期的な断捨離(?)が必要だと感じた。

でも、これで、娘が自分の部屋に友達を入れてもオッケーになるかな。。。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

無くしていく子ども心

New idea 子どもの見取り

子ども心、無邪気な心を無くしていくのも成長。


昨日の出来事。

昨日はワックス掛けがあった。そのため、事前に入念な水拭きをし、隅々まで綺麗にしていく必要がある。

そこで、机やいす、移動できるものはすべて廊下に出し、徹底的に綺麗にしていく。しかし、子どもは雑巾掛けが好きではない。

そこで、私はおもむろにバケツを持ち出し、水を汲み、教室にぶちまける。水浸し(ある程度常識的な範囲で)になった教室を一斉に拭き取れば、水拭きもできるし、水浸しなので角も拭かなくてはならないため、隅々まで綺麗になる。それに、何せ楽しい。


前の学校でも、ワックスをかける前にはよくやっていた。しかし、昨日やってみてあることに気付いた。学年によって、子どもの反応が違うのだ。


1年生や2年生は、水を撒いた途端、

「イェ〜〜〜イ!!!!!

と叫び出す。何だか分からなくても、水を撒くだけで喜ぶのだ。「何だか楽しいことが起こったぞ」と、本能的に感じ取り、それを身体中で反応する。


しかし、5年生はというと、水を撒いた時、

「え〜〜〜〜っ⁉︎」
「先生、何してるんですか⁉︎
「まずいですよ!」

と悲鳴をあげたり、私を止めようとする。
子どもたちはこれまでの経験などから、教室に水を撒き散らすなんてありえないと感じ取るのだ。そして、それを先生がやるなんてありえないという感覚をもっている。


この、低学年と高学年の子どもの反応の差が一つの成長なのだろう。

でも、昨日の子どもの反応を見て、少し淋しくなった。「何だか分からないけど、楽しそうだ」と感じる心はだんだんと無くしていくのだろうと感じた。

考えてみると、こちらが思いもしないようなことを始めたり、言い出したりするのは、低学年の子どもたちばかりだなと思い返す。前はこんな低学年の子どもの動きにワクワクさせられていた。
でも、今はこのワクワクする感覚を忘れている。


新しいアイデアや発見は子ども心や無邪気な心、言わば「遊び心」から生まれることが多い。成長していくからこそ、大切にしたいものだと改めて思う。


それでも昨日、水を撒いた後は、ものすごく楽しそうにみんな生き生きと雑巾掛けをしていた。普段、雑巾掛けをあまりしたがらない子も率先としてやっていた。見事、私の術中にはまってくれた(笑)それに教室はピカピカ。

子どもたちは、子ども心を忘れていきつつも、やはり楽しいことが大好き。こちらからいろいろな仕掛けで楽しいことをプロデュースしなければ、つまらない子どもたちばかりになってしまう気がする。
でも、隣のクラスの先生(初任)に真似をされた(笑)次はもっと違う方法を考えないとつまらないな。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

そうじグッズ

仕事 New idea

今日は教室にワックスをかけた。それに合わせ教室内や机、椅子、ロッカーなど全面的に大掃除をした。

ある程度の期間が経つと、机の上や床、棚など、あらゆる所のの汚れもだいぶしつこくなる。黒ずみが落ちなくて苦労することもある。そこで役に立つのが、次のグッズ。



まずは

ガラス用クリーナー(ガラス マ○ペットなど)を薄めた液

ウェットシート

割と軽い汚れは、クリーナー(薄めたもの)を吹き付け、ウェットシートでこすりながら汚れをとり、その後、から雑巾でふき取るとよい。机などは、ピカピカになり、ツヤが出る。

だいぶ薄めても効果があるため、子どもに吹かせてもOKだと思う。


次は

メラミンスポンジ(通称 激○くん)

強めの汚れに最適。大抵の汚れは落ちる。少し水を含み、こする。その後、乾拭きでふき取るだけで。机、床、棚など、割と何でもOK。ただ、すぐにボロボロになってしまうため、数が必要なのが難点だ。


学期に一度、やってみるだけで、いつでも綺麗な教室や机になる。自分たちの教室や机、自分たちでピカピカにすれば、学習意欲の向上に一役買うのでは?

ぜひお試しあれ!

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ