読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない教員の学校・学級・生活日誌

高いアンテナ・豊かな発想で生活を明るくするためのブログ

「見られたくない」らしい

今日、放課後低学年の先生から話があった。

今年度の現職教育の進め方に対する反対意見だ。

「全体会の時に堂々と言え!」

と、先に思ったが、話しの内容が実に情けない。

現職教育の全体会で、今年度の現職教育の進め方について話をした。
全体会で提案したざっくりとした中身(その学年の先生方が反対している内容にしぼって述べると)は、

①1人一授業を研究授業として行う

②学年で1人の授業を、ブロック(低学年、中学年、高学年で集まって)で見合う

③②の中の1人の授業を学校全体で見合う

ということ。

つまりは、これが負担らしい。


元はと言えば、私に大きな原因とミスがある。

現職教育についての推進委員の集まりを忘れてしまっていたのだ。
※詳しくは下記記事参照

その先生曰く「推進委員で話し合っていないのではないか?」とのこと。

まったくその通り。だからこそ、全体会で、昨年度の反省も盛り込みながら一からできるだけ詳しく説明した(つもり)だ。まあ、伝わっていなかったのだろう。それも分かる。だから、一度推進委員会を開いて改めて話をすべきとも思う。

しかし、話し合ってほしいという内容が呆れてしまったのだ。聞いて絶句した。

もともと、本校では学年を中心に授業研究を行い、全体で授業を見る機会がなかった。そのため、反省として「代表授業があったほうが、研究の成果が分かるのではないか」とか「学年での研究が繋がっていない」という意見が上がっていた(毎年上がっているらしい)。

そこで、いきなり全学年で行うのは負担感が大きいかと思ったため、さしあたってブロックで行うことで、年間3回だけ全体で見合おうと考えたのだ。

しかし、それでも負担らしい。いろいろな言い訳をいってくる。例えば、
「結局、推進委員が代表にならなければならないのではないか?」←それは学年の問題
「3回も教室を開けるのは負担」←年間3回も開けられないのか?
意味が分からないものばかりだったのと、私自身、モヤモヤしているのが嫌なので、はっきりと、
「つまり、全体での授業をしたくないということですか?」
と、ストレートに聞いてみた。すると、
「そういうことです。」
と返ってくる。私は続けて、
「それは、先生方に見られるのが嫌だからですか?」
と、聞き返す。すると、
「そうです。」
とのこと。
私は呆れて何も言えなくなってしまった。

確かに、見られるというのは抵抗があるのも分かるし、負担になるのも分かる。でも、1年に一度くらい、見られてもいいくらい教材研究をするつもりはないのか?向上心はないのか?そんなんで恥ずかしくないのか?そんなことを平気で言える先生に教えられる子どもたちがかわいそうで仕方がない。見られたら困るような授業しかしていないということか?

こういう人たちは何のために教師をやっているのだろう。高い給料をもらって(言ってきたのはベテランの先生)、その給料に見合った仕事を何一つしていない。本当に頭にくる。

さて、どうやって戦おうか?

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

委員会活動説明会

今日は児童会の委員会活動説明会。各委員会が今年度の活動予定について発表した。

各委員会の活動計画がまとめられた資料をもとに委員長が発表する。そして、事前に調査しておいた、質問や意見についての回答を話す。


よくありがちな流れ。
今日はとにかく暑い一日。自分もなんとなくダラダラしながらの参加。暑い体育館。聞いていてもよく頭に入ってこない。でも、資料に書いてあるから大丈夫。そこで自分は担当でもないので写真を撮りながら客観的に見ていると、あることを感じてしまう。

「わざわざ集まらなくてもいいんじゃね?」

資料を見れば全て済んでしまう。こんな暑い体育館にわざわざ集まらなくても、それぞれが資料を読めば済むのではないかと思ってしまった。


不器用なりにも頑張っている子どもたち。そんな風に思ってはかわいそう。

みんなの前で発表するということにも意味があるのかもしれない。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

ゲームのカード代が・・・

息子が好きな「ドラゴンクエストバトルスキャナー」

大分やった。
少しずつコツを身につけていく。使ったカードの組み合わせで、偶然に強い反応を起こす事もあり、弱いカードしか持っていなくても強い相手を倒せるようになってきた。そのため、だんだん強いクエストにも挑戦できるようになってきた。

気がつくと、カードもたくさんたまっていく。
強いクエストをやってクリアすると、大きいカード(
S、M、Lの3種類ある。大きいカードが強い)が手に入るようになる。これが厄介。ゲームは1回100円で、Sサイズのカードは必ずもらえる。しかし、Mサイズのカードを選ぶときは100円を追加しないといけない。Lサイズ(まだ出たことがない)は200円追加しなければならならないらしい。今はMサイズが出るようになってきた。今までは100円でよかったのだが、最近では200円必要になってきた。

金がかかる。。。でも、私自身が楽しんでいるのもある。。。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

眼科通い

定期的に眼科に通っている。今日も点眼薬をもらいに行ってきた。

きっかけは忘れたが、10年近く前眼科に行った。その際、眼底や眼圧の検査をしたところ、眼圧が高いことが分かった。緑内障の可能性もあるということで、すぐに視野検査を受けた。すると、視野が欠けている部分があるとのこと。そこから、月に1度のペースで眼科に通うことになった。また、年に一度の視野検査を受けている。

実は、2回目の視野検査からは視野の欠けは見られなくなった。最初の視野検査は、おそらく、初めてだったため勝手が分からなかったのもあったのかもしれない。それからは正常な視野が続いている。
それでも、目薬をしないと眼圧が高いのは確か。眼科では毎回15〜20くらいの眼圧で一応安定はしているのだが、昨年度の検診では、20を超えてE判定。やはり、通い続けなければいけないのが分かる。


眼科も10年も通えば、馴染みになる。しかも、前任校で働いていた時、眼科の先生のお子さんが偶然にもその学校に通っていたことが判明。担任でもなく、学年でもなかったが、より身近に感じるようになった。今では元保護者であるが、気軽に話をしてくださる。


おそらく、このまま通い続けなければならないが、いつまでその眼科があるのかなと最近感じるようになった。


にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

二次会

今日は、この前の運動会の打ち上げ。当日にできなかったので、今週に有志で実施した。

有志でやると、だいたい決まったメンバーになる。それでも、ある程度の人数になるので、参加者全員と話をするのは難しい。そもそも、自分は誰とでも気兼ねなく話せるタイプではないため、いつも少し構えてしまう。

そのためもあってか、私は二次会の方が好きである。気兼ねなく話せるメンバーで行けるから。そして、本音のぶっちゃけトークが聞ける。

ぶっちゃけトークを聞いていると、結構みんないろいろなことを思っているんだと改めて感じる。不満や愚痴、コアなエピソード等々。いろんなところを見ているんだなと思う。

それに、やはり気を遣わなくていいのが一番いい。そんなメンバーに入れたことが何よりである。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

就寝時刻

朝、陸上の練習をしている中、寝る時刻についての話題になった。

やはり、毎年寝るのが遅い子どもがいるなと感じる。これまで関わってきた子どもたちを思い返してみると、布団に入る時刻が遅いのは女子の方が多い気がする。今日も、
「12時半です」
と平気で言っている。
小学生がこんな時刻に寝るのはおかしいことなんだと思わないのが不思議で仕方がない。
むしろ「自分はこんなに遅くまで起きているから大人の仲間入りしています」みたいに捉えているようで、余計に始末が悪い。むしろ小学生なのにそんな風に思っているのが逆に子どもなのだが・・・。そういうことに気付かない。
どんなに背伸びしても、どんなに背伸びしたくても、どんなに頑張ってもまだ小学生なのが事実で、成長の過渡期なのが現実なのだ。
そんな大切な時期に、くだらない(こんなこと言ってはいけないかもしれないが)ませた気持ちだけで遅くまで起きていて、しかもそのことにステータスを感じていることに虚しさを感じる。
このような子どもにとって、遅くまで起きていることがステータスになっているから、いくら早寝早起きの大切さについて話をしても(おそらく親が話をしても)聞き入れる気持ちはない。たぶん「また、子ども扱いして」としか思わないだろう。

その点、多くの男子はかわいいものだ。今日も、
「俺、やばいですよ。遅すぎます・・・。やばくて言えません。」(笑いながら)
という。無理やり(?)言わせると、
「ものすごく遅い時で10時半です・・・」
と本気で申し訳なさそうに話していた。
ものすごく遅くても10時半。「こういう子いいなぁ」と、しみじみ。

それにしても、就寝時刻は大きな課題だと思う。いくら「早く寝ないと成長に・・・云々」などと指導しても、自分ごととして捉えられない。もっと一人一人が本気で意識できるような仕掛けがないと子どもたちには伝わらないだろうな。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ

欠席した時、話題になる子ならない子

欠席した子がいると、
「◯◯君はどうして休みなんですか?」
とか、
「◯◯ちゃん、今日は休みなんですか?」
とか、
「◯◯君、熱で休みですよ」
などと、質問してきたり、聞いてもいないのに欠席の理由を教えにきたりする。

でも、よく話を聞いていると、そのような話題にあがる子と、あがらない子がいるのが分かる。仲が良い子どもについて話題にするのは分かるが、普段そんなに関わりをもっているように見えない子が話してくることもよくある。

当たり前のことかもしれないが、普段あまり休まない子どもが欠席した時に、そういう話題があがることが多いように思える。

今日もそう。今日は2人欠席したのだが、一方の男子については、
「先生、今日◯◯君、休みなんですか?」
「◯◯君、休みみたいですよ」
「◯◯君、どうしたんですか?」
と、朝教室に入った途端、数人の子ども(男子も女子も)から話がでてきた。配付物も預かってくれたり、机にしまってくれたり、家に届けてくれたり、気にかけてもらっていた。

この子は「ほとんど休まない」訳ではなく、人並みに欠席があるくらいの子。まぁ、本当に体調が悪い時に休む子であり、ちょっとの風邪や腹痛くらいでは休まない子である。

もう一方の女子については、何にも話題にあがらなかった。仲がよい友達すら何も言わない。上記の男子はこんなに言われているのに、一言もないのだ。配付物もそのまま机にしまわれるだけ。

この子は、よく休む子である。1ヶ月に1回は必ず休む。平均すると1ヶ月に2回は休む。だから、周りの子どもも、この子が休むことに慣れっこになってしまっているのだ。欠席の理由は「頭痛」「風邪気味」「咳」がほとんど。おそらく、休みにする基準が上記の男子(というより、他の子どもたち全体)より低いんだろうなと思う。

先入観や偏見も入ってしまうが、この子は「苦しいことを避ける」傾向がある。水泳や持久走の季節になると、毎年具合を悪くし、ちょうど練習日の前日に欠席し、練習日に見学するのがパターンだ。昨年度の持久走は結局、1度しか練習せず、本番はもちろん休んだ。
併せてネガティヴだ。本当にネガティヴだ。

↑この記事で話題にした子が上記の女子。
この子の母親は教員なんだけどなぁ。と、思ってみたり・・・

どうしてもそういう目で見てしまう。具合が悪いのは仕方がないし、本当に体が弱いのかもしれないし、親が教師だって関係ない。でも、あまりよくない目で見てしまう。分かっていても見てしまう。
でも、もっと怖いのは「周りの友達もそういう目で見ているはず」ということ。むしろ、友達の方が私なんかよりもっと厳しい目で(素直な目で)見ているはず。だから、
「◯◯ちゃん、今日も休みだよ」
という言葉すら出てこないのだ。

今日もこの子がいないことに、周りの子どもは違和感も残念感も危機感も心配感ももっておらず、よく休むから居ても居なくても特に変わりないと思っているのが現状なんだろうなと感じた。

周りの子どもは決して悪くない。この子も悪くない『はず』。この子の親も悪くない『はず』。『はず』。私の中でどこか悪者にしてしまっているのだろうなぁ。
そういえば、私も上記の男子の話題は休み時間や陸上の時間などで出したが、女子のことは一切触れていなかった。。。

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村


小学校教育ランキングへ